ぼえぼえ―お道楽さま的日常生態

ぼえぼえ―お道楽さま的日常生態― STUDIO L Webん室

まぁ、いわゆる雑記。

<< 【更新】へたれ流し日記190128 : main : 鶴の舞う海 ―しあわせな鶴の話― 16 >>
「とにかく現状維持のまま、できるだけ急いで鹿屋に戻るしかないでしょうな。どのみち明日の朝には着きますよ」
「そうね、事故がなければね」
「……嫌なこと言わないで下さい」
 カワチのうんざりしたような声を聞きながら、ヒナセはずず…っと冷め切ったココアをすすった。冷たさが歯に響いて、虫歯もないのに痛い。
「じゃ、戻りましょうか。風邪を引いたら何もならない」
「うぃっす」
 カワチが伝声管に巻いたマフラーを取ろうとしたとき、管がピリピリと震える感触に気が付いた。
「……ん?」
 手早くマフラーを解いて蓋を開けると、那智の悲鳴のような声が飛び出す。
『アキラ! 司令官と早く降りてこい! 救護室!!』
 ヒナセとカワチは顔を見合わせた。那智は公私混同するタイプではない。完全なプライベートではカワチを名前(ファーストネーム)で呼ぶが、それ以外は『貴様』か『提督』としか呼ばない。今カワチが防空指揮所に上がっているのはヒナセと会議をするためだとも知っている。ということは――
 なにかゆゆしき問題が起きた。それも重大な。
「急ごう!」
「だね……」
 二人は防空指揮所を飛び出し、タラップを駆け下りて救護室に向かった。
拍手送信フォーム
二次創作・実験室 > 艦これ


page top